投資信託がわかるブログ

毎月分配型の投資信託で買っても良いものってあるの?

毎月分配型の投資信託を買うのは、よくよく慎重に考えてからの方がいい。

リタイア世代「投資せず」で遠のく安心老後:日本経済新聞

投資信託関連の書籍を読んだ事がある方なら、一度は見た事がある文言だと思います。

僕は投資信託の関連書を7〜8冊は読みましたが、毎月分配型の投資信託を勧めている書籍に出会ったことがありません……

毎月分配型の投資信託がお勧めできない理由は、分配金を支払うために元本を取り崩してでも分配金を出す姿勢と、利益を再投資できないと言う点があげられています。

多額の分配金を支払うために、元本を取り崩しているファンドが多いのが現実だそうです。
「じゃぁ、元本を取り崩してない調子の良いファンドを選べば??」

なんて思うかもしれませんが、仕組みが複雑なのも毎月分配型の特徴です。

「個人投資家の9割以上は毎月分配型の仕組みをきちんと理解していない。できれば購入は避けた方がいい」という。

リタイア世代「投資せず」で遠のく安心老後:日本経済新聞

PAK85_yoteihyouwotukerubiz

調子の良いファンドを探したり、複雑な仕組みを理解したりする時点で投資信託として魅力がないと思っています。

管理人は、投資信託の魅力は積極的に分析等をする必要がないところに感じています。

積極的にリスクをとるなら株やFXの方が一儲け出来そうな気もしますし、楽しそうです。
正直、僕は投資信託で大きなリスクやアクティブな時間を使うつもりはありません。

スポンサードリンク

買っても良い毎月分配型の投資信託はあるのか

そんな毎月分配型の投資信託にも買っても良いものがあるようです。
買っても良い毎月分配型の投資信託の条件は

(1)ファンドの収入>毎月の分配金
(2)翌期繰越分配対象額が多い

「買ってよい毎月分配型投信」の条件とは?
~具体的なファンドも紹介!~

と定義されています。
上記のページではこれらの条件を満たす毎月分配型の投資信託のひとつが

「DWSグローバル公益債券ファンド(毎月分配型)Aコース(為替ヘッジあり)」(ドイチェ・アセット・マネジメント)

だと解説されています。

ちなみにこのファンドは記事登載時で

  • SBI証券
  • マネックス証券
  • 楽天証券

などネット証券の有名どころでは取り扱いがあるようです。

僕の場合はまだ若いですし、ブログのネタにもなるので、試しに購入してみると面白いかもしれない。。

また、購入したらこのブログで情報をシェアします。

投資信託より稼げるかも

当サイトをご覧の方は、投資信託や資産運用に興味がある方ではないでしょうか?
仕事柄、投資信託や資産運用について質問を受ける場合があります。

  • 投資信託って本当に稼げるのか?
  • 増えても大したことないんじゃないの?

などの不安を抱えている方も多いです。

資産運用をしてお金を稼ぎたいと考えている方の多くが本業以外の収入が欲しいと言う場合が多いです。
本業以外の収入というのであれば資産運用に縛られる必要もありません。
ITテクノロジーやインターネットの進化により隙間時間で稼げるようになりました。
その代表格がクラウドワークスなどを使ったクラウドソーシングです。

クラウドワークスの案件を眺めてみると

  • 「え?こんな体験が仕事になるの?」
  • 「こんな情報でお金が稼げるんだ」
  • 「投資についてライティングするという稼ぎ方もあるのか」

などと思うことも多いと思います。

数千円〜数万円程度の小遣い稼ぎ・副業から、数十万円を稼ぎ、本業として成り立たせている方もいらっしゃいます。
クラウドワークスへの登録は無料なので、登録してみてはいかがでしょうか?

>>クラウドワークスに登録する<<

スポンサードリンク
Return Top